四槻想介です

こんばんは、ブログ等運営は任せっきりのためほとんど表に出ないため覚えてる方がいらっしゃるか…
四槻想介と申します。
本日公開となった四作目、
「悪夢を知らない、夢を見る」
の概要説明を、とのことなので。

主人公近藤翔矢は小さい時自分の存在意義を考えてた事がある
でも、そんなことに答えはないと小さな時に考えるのをやめた
そのつもりだった
しかし幼なじみの言葉から翔矢は同じ夢を何度も見るようになる
その夢は彼を過去の思いに引きずり込んでいく
既に取り返しなんてつかないのだと彼が解るのは何時なのだろう―

途中から説明になってないですが、こんな感じの話です。
ジャンルは前から海斗が言ってた通りホラーとなっています。
もう少し話しますと、この作品では「夢」を題材としています。
最後の章のタイトルがこの話のミソです。

こんな説明で大丈夫かなぁ…
まあ、とりあえずこんなところで。
これからもM.O.I.F.を宜しくお願いします。

では、私は川内さんを改二にする作業に戻りますのでこれで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です