研究者カウス(彼の死と公開された録音記録より)

『倫理とは常に時代と共に移り変っていくものだ。しかし、変わることのない倫理も確かにこの世にあるのだと私は信じている』(冒頭、事件担当警部の言葉より)

 

………

続きを読む 研究者カウス(彼の死と公開された録音記録より)

景色

明日はどんな天気になるのだろう。窓から見える景色を見ながら、ふとそう思う。
この代わり映えのしない景色が、天気によって変わるというのならば、それはそれで面白いと思う。たまには違う景色も見てみたいと思うのは人間の性だろう。
すこし痛む体に鞭を打ち、私は立ち上がった。ここのところ、歩いていなかったから体がなまっているのかもしれない。
ほんの少しの距離を歩いただけなのにもかかわらず、息は上がり、汗が流れ落ちる。
もうベッドに戻ろう。そう頭の中で私自身が告げるが、私はそれを無視する。たまには無理をしてでも違う景色を見てみたい。その欲求みたいなものが、私を動かしていた。
すこし廊下を歩いたところに階段がある。私はそこに向かって歩いているはずなのだが、一向に距離は縮まらない。それどころか、だんだんと離れているようにも見える。
おかしいなと思っていても、私の体は歩くことをやめない。まるで、誰かに操られているかのようだ。
操っているものの正体はわかっている。私自身だ。だが、その私の意思を無視して、私の体は動く。不気味な恐怖が、少しずつ私の心に生まれてくる。
帰らねば。
そう強く念じても、体は前に進み続けようとする。長距離を走ったように息は荒く、汗は滝のようにあふれては床に水たまりを作っている。
そこで私はある物に気がついた。さきほどからずっと、何かが私の背中を引っ張っているのだ。
私はその何かの正体を確かめようと、振り返った。しかし、そこには何もなく、ただ窓から見える景色があるだけだ。
太陽に照らされた木々が、風に揺られてがさがさと音を立てている。
何の変哲もない景色。ただ木が目の前に広がっているだけだ。本当にそれだけだ。
ただ、その景色を見ていると妙に安心して、胸の中にあった恐怖がゆっくりと消えていく。それに伴い、息もゆっくりと落ち着いて、汗もすっかり引いていた。
帰ろう。
そう思い、私は体を元に戻す。目の前には、廃病院が広がっていた。
ああ、そうか。
そこで私は思い出す。私自身がすでにこの世にいないことを。
あの部屋で、私は死んだのだ。何故かなんて覚えていない。ただ、代わり映えのしない景色をずっと見ていて、私は部屋の周辺から離れられなくなってしまっていただけなのだ。
原因がわかってしまえば、怖いものなどない。私はゆっくりと部屋に向かって歩きだした。
ただ、そこに広がる景色が、人が見られないものではない景色でも、人が見られて私が見られない景色でも、代わり映えのない景色では退屈するものだ。
ああ、この場所に誰かこないだろうか。
もう、同じ景色には飽きてしまった。

一年城と平和戦争

僕の心は―暗い深海の中にいた。顔に照り付ける光線が当たっている場所と裏腹に、逆に暗闇に引き込んでいく。

なんでこんなことに? 僕はただ、日常を楽しく過ごしていたかっただけなのに。ただ、平穏がほしいだけなのに。すべてはやすやすと壊れた。

続きを読む 一年城と平和戦争

浮遊

白い世界。
そこにはただ浮いているという感覚があるのみで、動こうとしても動けない。
一体ここはどこだろう? そんな疑問が頭をよぎる。
「やあ、ようやく会えたね。」
目の前に立った青年はそういった。その青年の顔や声に覚えはない。
「知らなくても無理はないよ。僕と君は初めて会うのだから。」
青年は微笑む。その笑みはまるで本当に心待ちにしていたかのようだった。
「ずっと君のことをここで待っていたんだよ。」
青年は手を差し出した。その手は真っ白で生きているのかと疑うような色をしていた。
この手を取ってはならない。
私の直感がそう告げる。
「何をそんなに警戒しているんだい?」
青年は穏やかな表情で近づいてくる。こちらも離れようともがくが、体は一向に動いてはくれない。
「怖がらないでくれよ。少し傷つくじゃないか。」
青年のその声は本当に悲しそうだった。その声に私は思わず気を許しそうになる。だが、それも一瞬。すぐに離れようと再びもがく。
「無駄だよ。ここは精神世界……僕の世界。君は動くことすらかなわない。」
一体、この青年は誰だ? どうしてこんなことをするんだ?
その疑問はずっと消えない。
「僕の正体も目的もすぐに分かるよ。手を取ってくれればね。」
ぷかぷかと浮かぶ青年は俺の目の前に止まるが、手をつかもうとせずにずっと差し出したままだった。
「君が手をとってくれるまで僕はずっとここにいよう。」
青年はその言葉の通り、ずっとそこから動かなかった。
どれくらいの時間が過ぎただろう、本当に青年は動かなかった。
「さぁ手を取って。」
時々発する言葉はそれだけだった。
もういいだろう。
私はその手を取ろうと力を入れた。今度はすんなり動けた。
「ようやくとってくれたね。」
そこで私はすべてを知った。
ああ、この青年は……。
浮かんでいた感覚がなくなり、落ちていく。
つかんでいた手はいつの間にかなくなっていて、次の瞬間には青く澄んだ空が目に映った。